ANAマイレージを効率的に増やしていく対策とは?

スポンサーリンク
ANAマイレージを効率的に増やしていく対策とは?

ANAマイレージを効率的に増やしていく対策とは?

様々なサービスのポイントを集めると、商品券が頂けたり、お金の代わりに商品の購入に利用できたりと非常にお得になります。ANAマイレージも考え方を変えていけばより効率的にマイレージを貯める事ができます。

ANAマイレージは、ANAマイレージクラブへ登録し、フライトのたびにマイルを貯めるスタイルとなります。席種や積算率が関連してきますが、飛行機の利用を増やす分だけマイルが貯まっていきます。

ANAマイレージは、他にも貯めていく方法がいくつもあり、賢く対策する事でより早く目標のマイルまで到達することができるようになるはずです。

1.クレジットカードを利用する方法

航空機での移動以外の生活の全ての決済にマイル還元率1%のANAカードを利用します。10,000マイルを貯めるまでには、100万円のカード決済をする必要がありますが、公共料金の支払いから、近くのコンビニで買う小物類まで全てマイレージを貯める対策に利用できます。

ただし、この方法はかなり収入が多い人でなければ、予定したようなペースで貯める事が難しいはずです。

2.ポイントサイトを利用して効率的に

カード決済や飛行機の利用では時間がかかりすぎるので、他の手段で集めたポイントをANAマイレージに変換する方法が有効です。

ポイントタウン、ハピタス、ちょびリッチ、PeXなどのポイントサイトで集めたポイントを移動させていきます。最終的には東京メトロの「ソラチカカード」からANAマイレージへ変換することで最も高い還元率となります。

ただしポイントサイトを利用して、還元率の高いルートで最終的にANAマイレージへ変換するまではかなりの期間が必要となります。

例えば、ポイントを効果的に集めることができるハピタスにて目標ポイントを達成したとしても、変換率の高い他のポイントに移動しながら最終的にANAマイレージまで変換するには、四ヶ月近くかかってしまいます。

この理由はポイント変換が瞬時に行われないため、待ち時間が必要になってきます。手間がかかって時間も必要になりますが、効率的により多くのANAマイレージを獲得することができます。

3.まとめ

ANAマイレージを貯めるためには普通の生活をしていては難しいのです。東京メトロの「ソラチカカード」へできるだけ効率的にポイントを集めるルートを考慮していく事が重要になります。

ソラチカカードからANAマイルへの変換は「毎月2万ポイントまで」という制限もある為、一度に大量に移動できないことも覚えておく必要があります。

ANAマイレージ ログインはこちら

http://www.ana.co.jp/

スポンサーリンク