単なる地図じゃない!グーグルマップを有効活用しよう

スポンサーリンク
単なる地図じゃない!グーグルマップを有効活用しよう

単なる地図じゃない!グーグルマップを有効活用しよう

未知の場所を知るツールとしての使用

誰しも行ったことがない場所に初めてゆく際は、いささか緊張するものです。その緊張の根源が、道中の案内に疎いということならば、グーグルマップがそれを解消してくれます。グーグルマップのストリートビューは、バーチャルな形ではありますが、行ったことのない未知の場所までの道行きを体験させてくれるツールなのです。

まず、行先の住所をグーグルマップに打ち込みます。すると、地図上に目的地が表示されるはずです。たとえばその最寄り駅からそこまで、ストリートビューを使って、擬似的に歩いてみてください。そうすれば、見たこともない行ったこともない土地も、その目で周囲の様子を確認することが出来ます。

乗り継ぎや運賃を計算してくれる便利機能

グーグルマップには、出発地から目的地までの道程や、それに必要な運賃を計算してくれる機能も備わっています。

まず、左上の検索窓の横にある「ルート」をクリックしてみてください。検索窓が大きく開きます。この上の検索窓に出発地を、下に目的地を打ち込みますと、出発地から目的地までのいつくかのルートをグーグルマップは表示してくれます。

しかも、単にルート表示してくれるだけではありません。乗り継ぎや所要時間、電車や飛行機を使用した場合の運賃まで計算してくれるのです。もちろん、ここだけですべて正確な運賃計算がまかなえてしまうわけではありませんが、おおまかな目安を見る場合はすこぶる便利であると言えます。

また、出発時間や到着時間からルートを導き出すオプション機能も付いており、大変扱いやすくなっています。

台風の際にも活躍するグーグルマップ

夏から秋にかけては日本は台風のシーズンです。防災意識を高める意味でも、グーグルマップは活用できます。というのも、テレビやネットで得られる台風情報は、日本列島を全体に対しての台風の進路図が一般的です。おおよその対策はこれで講じられますが、暴風域や強風域の圏内に自分の居住する地域が本当に入っているのかどうかを知るのは、テレビだけでは容易ではありません。

こんな時、グーグルマップで自分の居住地点を表示させます。たとえば気象庁の台風進路予報図と、グーグルマップの居住地表示を照らし合わせて精査することにより、より正確な「自分にとっての台風情報」を得ることが叶うのです。

不思議なもので、皆、日本地図における自分が住んでいる地域の大雑把な位置関係は理解しているものですが、地図上の細やかなピンポイント的な場所という意味では理解があまりされていません。ぜひともグーグルマップを台風の防災用に利用してみてください。

スポンサーリンク