共栄火災の自動車保険に加入するメリットについて

スポンサーリンク
共栄火災社の自動車保険に加入するメリットについて

共栄火災社の自動車保険に加入するメリットについて

共栄火災社は、自動車保険に加え、住まいと家財の保険、体保険、旅行・レジャー保険があります。法人向けとして、同様の自動車保険に加え、従業員の労災保険、賠償責任保険、工場に関する保険と建物・財物に関する保険があります。今回、 共栄火災社の自動車保険に加入後に得られるメリットについて紹介したいと思います。

まず個人向けですが、いくつかの保険プランがあり、それぞれの利点は次のようになっています。

KAPくるまる(総合自動車保険)

・車の利用目的に縛られない補償と2〜3年契約のお得なプランとロードサービスがあります。
・保険の中に人身保険として契約なら乗車中はもちろん、家族の歩行中の自動車事故による怪我の保険金を減額することなく補償してくれます。

・高額賠償事故の際の対人、対物全ての事故を無制限で補償してくれます。
・運転手が自動車保険の規定年齢未満(契約者の年齢)の際でも補償されます。

ちょうき安心保険

・これは、1年目以降の保険継続の際そう支払い額が継続年数に応じて安くなっていき、さらにゴールデン免許だと3年割引が適用されます。
・契約方式が長期の分割払いなので支払いも安心してできます。

自賠責保険はとても大事な保険です。これは主に原付やバイクを含む全ての自動車の保有者に自動車1台毎の加入が義務付けられているんです。主な役割として、事故によって相手を死傷させた場合、被害者に対する損害賠償責任を保険金で補償する、万が一の時に必ずサポートしてくれるものです。

損害最高額は次のようになっています。

・傷害による損害時は被害者に1名に対し120万円補償します。
・後遺症などが残ってしまった際は、後遺症の程度によって最高3000万まで補償します。
・死傷させた場合も同様の3000万円までです。

次に法人向けの自動車保険の加入メリットについて話していきたいと思います。

KAPベーシス保険がありこの保険は個人でも法人でも全車種に対応していて、鍵の閉じ込みから、バッテリー上がり、自走不能になったときの無償サポートなど様々なトラブルを24時間365日サポートしてくれます。

保険内容は、対人賠償責任と対物賠償責任の補償額がそれぞれありまして、例として自動車の事故の際に被害者を死傷させて最高5億以上の認定総賠償額が発生時に自賠償保険などの支払額を超えたときの補償をしてくれます。

対物損害時には最高2億以上もの認定総額が発生した際も不足額を補償をしてくれるんです。他にも他者運転危険補償特約がセットになってついてきます。これは他者の借用した車を使った際の事故に対し、対人、対物賠償と自損事故、無保険車事故において契約者のと同様の補償を受けられるというものです。

スポンサーリンク