年金ネットについて

年金といえば国民は例外を除くとみんな支払いを行っているものだと思います。
しかしながら年金に不信感を持っていたり、自分の年金の支払いがどのようになっているか疑問な人も多いようです。
そこで便利なのが年金ネットというサービスなのです。

年金ネットってどんなサービス?

日本年金機構がインターネット上で提供しているサービスです。
インターネットを利用してサービスへ接続することで年金記録の照会などのサービスを受ける事ができます。
記憶にある人も多いと思いますが年金記録5000万件も納付者が特定できないというトラブルがありました。
このことから年金への不信感が大きくなり、不安払拭のために提供されはじめたサービスの1つと言えます。

年金ネットの機能としては以前からサービスを行っていた年金個人情報提供サービスを拡張して名称を変更したもので、
未納の情報や重複加入などの情報を手軽に知ることができるようになりました。
また加入状況から将来受け取る事のできる年金の見込み額の計算なども行われます。

年金ネットを利用する方法

年金ネットを利用するためには新規登録を行いIDとパスワードを発行する必要があります。
登録自体もインターネット経由で行えますから自宅であっという間に完了します。
ねんきん定期便に記載のアクセスキーがあればすぐに発行できるのですが、
アクセスキーがない場合は通常5日程かかるようです。
また一度発行してしまえば24時間いつでもサービスを利用できますし、
スマートフォンにも対応していますから場所も選びません。

年金の情報は大切な個人情報です。
IDやパスワードの管理には十分気をつけるようにしましょう。

年金ネットの便利な利用法

年金ネットではこれまでの加入情報を閲覧できますが、
この他に支払開始年齢の変更時のシミュレーションなども行えます。
現在の自分の状態や将来の計画に合わせて繰り上げや繰り下げを行った場合をイメージしやすく大変便利です。

この他、「国民年金保険料免除、納付猶予申請書」や「年金請求書」といった一部の書類を簡単に作成できます。
残念ながらインターネット上だけで提出までは行えませんが、
書類を手軽に作れるようになっただけでも手間が省け助かります。
また今まで共済年金の情報は見れませんでしたが、共済年金の加入記録の照会も可能になりました。
これによって公務員でも便利に利用する事ができます。

今後も年金ネットでのサービス拡張は行われていくようです。
IDの発行数も徐々に伸びているようですから今後の発展にも期待できます。

日本年金機構ホームページ(年金ネット ログイン)はこちら

http://www.nenkin.go.jp/n_net/