どこに住んでも平気な方にオススメな訳あり物件

スポンサーリンク
どこに住んでも平気な方にオススメな訳あり物件

どこに住んでも平気な方にオススメな訳あり物件

賃貸料を少しでも安くしたいと思った時に気になるのが訳あり物件です。
訳あり物件の魅力は何よりも家賃が相場よりも安いことです。
しかし、本当にそのような物件に住んでも大丈夫なのでしょうか。
訳あり物件は別名、事故物件とも呼ばれており、いくつかの種類があります。
よく物件の内容を理解した上で賃貸をするようにした方が良いでしょう。

「事故物件、瑕疵物件の種類」

1.物理的に損害を被った物件
部屋で雨漏りがしたり、建築偽装で建物に不備があるような物件がこれに該当します。
基本的に修復可能であることが多いので、リフォームしたり改装することで普通に住めるような物件に回復します。

2.環境的な問題がある物件
目の前にあるビル・マンションのせいで日当たりが悪かったり、電車の路線の近くで電車の行き交う騒音がうるさかったり、空港が近くにある場合もこれに含まれます。
これは入居前の説明がなくても、内見すればわかることであり、入居者も覚悟をした上で部屋を借りることになるのであまり問題にはなりません。

3.心理的な抵抗がある物件
このタイプが最も騒がれる物件です。
過去に殺人があったり、お化けが現れたり、孤独死した老人が住んでいたなど、住む分には問題はないのですが、心理的に不安を感じるような物件を心理的瑕疵物件と呼びます。
このような心理的瑕疵物件は家賃が相場の半額くらいのことも多く、過去の物件状況を気にしない方に人気があります。

貸主の中には物件が瑕疵物件であることを告知せずに貸し出すこともあり、入居者が瑕疵物件であることに気づかないようなケースもあります。
特に幽霊やお化けが出たというタイプの瑕疵物件は人によって反応が違います。霊感の強い人であればそのように感じるかもしれないですし、霊感に鈍いと呼ばれる人たちは何も感じません。ですから霊感が鈍い人には、幽霊が出るという噂の瑕疵物件がピッタリなのです。

しかしやはり瑕疵物件は嫌だという人も多いでしょう。

「瑕疵物件を見分けるポイント」

・マンションのその部屋の家賃だけが安い
・部屋の一部がリフォームされている
・マンション名が最近急に変わった

など様々です。
こういった点に注意することに加えて、ネットで情報収集することも大切でしょう。

「瑕疵物件の見つけ方」

UR賃貸であれば、特別募集住宅という名で瑕疵物件の貸出が行われています。
入居してからは1年間家賃が半額になるという嬉しい割引サービスが行われます。
事故物件であろうとなんだろうと気にしない方は
一度UR賃貸住宅をチェックしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク