ゼネラリ保険会社の自動車保険加入の利点について

スポンサーリンク
ゼネラリ保険会社の自動車保険加入の利点について

ゼネラリ保険会社の自動車保険加入の利点について

ゼネラリ保険保険は主に個人向けに財産の保険、自身と国内海外と家族での傷害保険、自動車保険があります。企業向けの保険として個人向けのものに加え事故の発生による費用や営業利益の損失に対する保険として店舗休業保険などがあり、賠償責任問題が発生した時の設備賠償、生産物賠償、PL保険、受託者賠償責任保険に加え、さらに工場に関する保険、財物に関する保険、海上航空での運搬、船舶、人工衛星問題の保険もあります。

今回は個人向けのゼネラリ保険社の自動車保険に加入時に役立つ利点をまとめて解説します。
ゼネラリ保険の自動車保険は個人向けのビアンカと呼ばれる保険に、法人・個人向けの自動車総合保険(PAP)、自動車保険(BAP)があります。

まず個人向けのビアンカ自動車保険ですが、次のような利点があり、対象とする車の種類は8車種です。

・緊急応急修理サービスがあり、主に鍵の閉じ込みやバッテリー上がりなどの故障、事故などで自走不能になった場合の緊急修理を行なってくれます。

・1年に1回限定で路上でのガス欠となった場合ガソリン20リットルまで無料で届けてくれる給油サービス

・故障時や事故発生で車が自走不能に陥ったとき最寄りの修理工場まで無料でレッカー移動をしてくれるレッカーサービスがあリます。

・トラブルアシスタントサービスはトラブル発生の際に自動車整備士が電話でのアドバイス、優良修理工場の紹介、レンタカー、宿泊及び帰宅手段までを案内してくれます。

・修理工場でのサービスで事故によって工場まで修理を出す場合に取引・納車・代車を無料で行なってくれます。

・アフターフォローもしっかりしていて、自宅から100キロを超える遠隔地での事故、故障などで自走不能になった際の宿泊費用や帰宅費用、レンタカー費用も補償してくれます。

・携帯電話でのGPSでの位置情報を利用して簡単に保険会社まで通知することができます。

法人向けのPAPの場合では対象車種が全ての用途・車種を対象とした保険が受けられ、BAPの場合も同様に適用されます。BAPはPAPに比べ自ら必要とする保険を個人で判断し選択できるという利点を持っています。

事故発生時の賠償責任に対する保険として、事故で誤って相手を死傷させてしまった場合の賠償責任を負った際の保険金を補償してくれる対人賠償保険があります。

さらに、物の損害賠償責任を負った際の保険金として対物賠償責任保険がおりたり、自損事故、無保険車傷害、人心傷害補償保険が個人や同乗者への補償としてあります。

スポンサーリンク