偽替レートの元について

偽替レートの元について

偽替レートの元について

偽替レートは買い手と売り手での2カ国のお金を両替するときのレートですね。

日本人なら円を基準に、その日のレートは1円を基準に前と比べてどうだったかを判断し、レートが高い、低いを評価するのです。偽替での利益を商売とするFXや空港での偽替金融などは主に偽替レートの変動によって生じる差を利益としており、これを偽替差額と言います。

空港の偽替での両替えに得られる通貨は思ったよりも少ないなぁと思ったことはありませんか? これは調べた上での考察と経験上ですがの空港内の偽替金融での両替レートはより金融側に利益が出るように設定されていて、空港内ならどこへ行ってもレートが同じになるようになっています。

売り手(旅行者側) つまり、日本から海外へ行く時、円ををドルに両替したいですよね?その場合、円売ってドルにしなければなりません。そのドルのドルが買った時は100円で1ドルなのに売ったら1ドルが90円しか得られなかったとなれば、10円の損失です。

偽替側に利益が10円のいくわけです。レート計算をする前に、買い手について知っておかなければなりません。買い手側はその国の通貨をこれからいく海外の通貨へ偽替する人のことです。

日本から海外へ行った時は海外の紙幣が基準になりますので、例えば、アメリカにいる時に円をドルに換えたとします。あなたはドルを買わなければいけませんので買い手になります。

もし、先ほどの繰り返しになりますが、日本にいる時に円からドルに偽替なら円を売る(売り手)、日本でドルから円になら円を買う(買い手になります)。 それを踏まえて、レートの元の計算を説明します。

ドルを例にします。 1ドルが100円なら売り手の日本でのレートは 1円で 何ドルと考えれば、割り算ですね。

なので 0.01 となります。 買い手はそのまま レートが1ドルが100円なので 100ですね。では極端な例ですがもし、金融がレートを0.01から 10倍の 0.1にするとします。

この場合は ほしいのが何ドルかわからないので、1円当たりで0.1のレートと考えて 10円で1レートと計算できますね。

1レートをこう解釈しましょう 「10円を1ドルで偽替できるのが1レート」。売り手は10円で1ドルで買い手は100円で1ドルとなります。

明らかに日本円を持っていたらドルに偽替する時90円も得ですよね。 これを90円の円高と言います。

逆にドルから見れば 90円のドル安になってしまうのです。円安にするには、ドルを高くしなければなりませんので、売り手のレートを 0.001とした時 1000円当たり1ドルで1レートと考えると、1ドルで100円に比べて円の方が10倍も払わなければなりませんので 900円の損、または900円の円安になってしまうわけです。

逆にドルは900円、つまり9ドル高です。

まとめますが、偽替レートは 1レートで 何円で何ドルが買えるまたは売れると考えると、元の価格がわかると思います。もし買い手のレートと売り手のレートが同じならば、ドルと円にとって満足いく結果を得られるのです。

偽替レートの元チャート情報はこちら

http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=CNHJPY=FX

スポンサーリンク
スポンサーリンク