山口大学の偏差値、魅力、特徴について

スポンサーリンク
山口大学の偏差値、魅力、特徴について

山口大学の偏差値、魅力、特徴について

■山口大学の偏差値とは?

山口大学には、工学部から医学部までさまざまな学部があります。最近では、新しく国際総合科学部が開設されました。

山口大学の気になる偏差値ですが、全体的には50~70と非常に高くなっています。中でも医学部は偏差値70となっており、獣医学部が偏差値66とそれに続きます。全国に存在する国公立大学のなかでは、山口大学は、平均レベルといったところの偏差値となりますが、山口大学は名乗っても恥ずかしくない、立派な大学であるといえるでしょう。

■山口大学の特徴

山口大学は、なんと、創基200周年もを誇る、歴史のある大学となります。私塾「山口講堂」以来となる、歴史を誇る、総合大学となっています。

2015年4月には、国際総合科学部が新しく解説されました。これからは国際化なども視野に入れ、全学をあげ、世界で活躍できる人材を育成することを目指しているそうです。山口大学には、充実の設備、また豊かな自然環境に恵まれている3つのキャンパスがあります。また、学生の自主的、創造的な企画に関しては資金援助をするなどの学生サポートなども充実していることが特徴です。また、大学の敷地内に、なんと民間の就職支援施設があるという特徴があります。

大原グループと連携した就職支援施設があり、こちらの大原山口大学就職支援施設では、就職支援講座や、また資格取得講座などを解説しています。また、公務員試験対策なども行っています。大学の敷地内に、こういった就職支援施設が解説されるのは、全国にある国内大学においても、初の試みとなります。

■山口大学の教育のシステム、魅力について

山口大学には、共通教育、また専門教育があります。
共通教育では、発見してはぐくみ、かたちにすることを通し、人間的な平和、幸福豊かさを探求し、それを実現するための「礎」を築くことを目標とした、カリキュラムとなっています。

このため、学部学科の枠を超え、幅広い分野の供用を学ぶことができますし、総合的な判断力や、豊かな人間性と言うものを養います。専門分野を研究している、多彩な教員と出会うことができるのも魅力となります。

これに対し、専門教育は、自立した専門家として、社会で活躍するための、知識の能力などを身につけます。

学部学科では専門的な内容を学び、専攻にに関する高い専門性を身に着けます。入学には、主として共通教育を学びますが、学年の進行に従って、専門教育の比重などが増えていきます。

スポンサーリンク